photo by yoshihiko M

山振之 立儀足 山清水 酌尓雖行 道之白鳴  

 

                    万葉集巻二 158 高市皇子

山吹きの 立ちよそひたる 山清水 酌みに行かめど 道の知らなく

風香訳:山吹が寄り添うようにある山清水。汲みに行こうにも黄泉の国への道を知らない。現身(うつそみ)の私はどうすることもできない・・・。君に会いたい。



天武天皇と胸形尼子娘との間の子、高市皇子が十市皇女のために詠んだ句である。

十市皇女は、天武天皇と額田王との間にできた一人娘。
高市とは異母兄弟であった。
今では考えられない恋愛であるが、当時にはよくあったことである。

十市は天智天皇の皇子、大友皇子と政略結婚していたが壬申の乱により大友は自害。
後、父の天武天皇に伊勢神宮の斎宮に仕えるよう命じられる。
斎宮へ旅立つ日の朝、十市は不慮の事故で亡くなるが、万葉集、日本書記とも詳細については述べられていない。
そのことが自殺であった可能性を否定できなくしている。

この事件を踏まえた上で高市皇子が十市皇女に挽歌として3首万葉集に残している。
あとにも先にも高市皇子が残している句はこの3首のみであることは、十市皇女への思いが特別なものだったことを想像できるであろう。

万葉集には、紀に曰はく、「七年戊寅の夏四月丁亥の朔の葵巳、十市皇女卒然(にわか)に病発りて宮の中に薨りましき」といへり とある。

山吹は、一般的によくみるのが園芸種の八重山吹。
一方この歌に歌われた山吹は山の裾野によく自生している一重の山吹であろう。
万葉歌ではあえて八重山吹として
花が咲いても実がならない悲しさ、切なさを高市の思いと重ねてみた。

明日香あたりは四方、山に囲まれていたであろうから5月あたりあちらこちらで自生の山吹が咲いていたに違いない。

とこおとめは食を通じて(株)八葉水産さんを応援しています。