二上山の夕日

photo by とし坊
photo by とし坊

万葉集 巻二 一六五 一六六 大伯皇女

    巻三 四一六     大津皇子
                  現代語作詞・作曲  風香

 
うつそみの 人なる我や明日よりは

二上山を 弟世(いろせ)と吾が見む   

百伝ふ 磐余の池に鳴く鴨を今日のみ見てや

雲隠りなむ 母の元へありがとう

 

磯の上に 生ふる馬酔木を手折らめど

見すべき君が ありといはなくに

百伝ふ 磐余の池に 泣く鴨を

どんな思いで 見てたのでしょう 

会いたい もう一度 母の元で

二上山の 向こうに見える黄泉の国で

 

いつまでも いつまでも 永遠に   

とこおとめは食を通じて(株)八葉水産さんを応援しています。