人麻呂の見た夜空

天の海に 雲の波たち 月の船 星の林に 漕ぎ隠る見ゆ

 

              万葉集 巻七 一〇六八 柿本人麻呂

この句を知ってから、空を見るのがさらに楽しくなった。

そして何より、同じ世界に生きていることを実感できることに、なんとも表現のしようのない、感慨深いものを感じずにはいられない。

 

                                                                      2008年1月18日 wrote

 

とこおとめは食を通じて(株)八葉水産さんを応援しています。